買物は怪物 Shopping is a Monster. 東京ポエケット
RSSを購読はてなアンテナに追加

1







 














 







 





 






 










2

     
     
     
     
     
     
     

3

search


QLOOKアクセス解析





   


出店 井の頭公園
デザインフェスタ

東京ポエケット


「東京ポエケット」
http://www.poeket.com/index.html

日時: 2006年7月2日(日)13:30~19:30
タイトル: 第9回 TOKYO ポエケット IN 江戸博
内容: 同人詩誌展示即売・交流会

同人詩誌の展示即売会に急遽参加しました。
以下、そのときのレポートです。


ポエケットに出展してきました。お越しいただいた方、どうもありがとう。
もちろん新作豆本。売れなかったんだけど、面白かったです。
詩集とかの販売ときどき朗読という流れなんだけど、怒濤交流の嵐でした。
私はつかささんのブースに強行に押しかけたし、仲間内で行ったし、偶然知り合いにも会えたのでよかったんだが、あれ、一人でポッと参加するとかなりキツいんじゃなかろうか。交流苦手な詩人ってたくさんいると思うんだけどなあ、そういう人々が気軽に発表できるイベントはないものかな……ないんだろうな……どうなんだろうなあ。
さていろいろとまとめるのは時間がかかりそうなんで、箇条書きにしてとっとと寝たいと思います。

・知人というか一度お会いしたことのあるえりこさんの「精神病新聞」がたいへんよかった。
・よってミニコミ熱がまた……モーレツに構想だけがふくれあがる。
・ほかに豆本も売っていた人もいたが150円だった。
・物欲雲ではなく交流雲だ。
・帰りにみんなでミニコミ話で盛り上がりすぎてヤバいっと思った。
・蚊に刺された。
・ピョンッと現れたささこさんが一番輝いていたのは「陰毛」について熱く語っている時だった。私も彼女の描く陰毛がただならぬ情熱を感じていたので「やはり」「おぬし」と思った。
・友だちの彼女がギャルになっていた。バッタもんではないシャネルのバックを持っていた。
・つかささんは行商にきた人に自分のCDを売りつけていた。行商の品は買わなかった。匠だと思った。
・息子がつかささんのファンになり「友だちになってくれるかなあ」とぼんやり言っていた。
・朗読はあらゆる意味で見られなかった。
・主催者も参加者も来場者もみんないい人っぽかった。
・悪人面および悪人はたぶん私だけだろう。
・盛り上がっている最中、飲み屋に追い出された。「遊」という店だった。
・きっと五十嵐くんが黄色いクッションのおばけの話をしたからだと思う。
・もう三時だ。寝よう。


Interior Blog RankingFC2 Blog Ranking






出店 井の頭公園
デザインフェスタ

  





































































 モダン ユニーク  便利     匠の技  子どもにも  





Back to Home